思春期ニキビ体験談

ニキビ対策は若さの特権

中学三年生になったあたりからニキビがちらほらと出来るようになりました。
みんなは一つ二つポツっとあるだけなのに、私はおでこにぷつぷつとした痛いニキビが頻繁に出来ました。
大きなものではないのですが、とにかく痛い。大きくないので潰せないし、潰したとしても大変な量なのでそれは無理…
ということで私が試したのはとにかくまめに洗顔すること、でした。
色んな洗顔料を試してみましたが、良くなったり悪くなったり。
こんな状態じゃ好きな人とも話せない!なんて悲観的になったりもしました。
今のように美に対する意識をみんながみんな持っている時代ではなかったので、化粧水もつけなかったし、洗顔一本で過ごした学生時代のニキビケア。
今は洗顔料も使わずお水だけで洗顔している私なので、その当時の方が美意識高かったかも、、と思うこともありますが、
敏感肌な為、現在はそれで落ち着いています。
ただ、学生の頃のケアはお水だけでは無理だと思います。
新陳代謝が一番活発な時期ですので、脂分も今よりも随分多かっただろうし、そうなると洗顔剤にすがるしかないような気もします。
そんなに気にすることない、若さの象徴だよ!って、当時の私に言ってあげたいのですが、
悩んでしまうのは若さの特権ですね。

 

思春期ニキビと吹き出物(大人ニキビ)は違う?

思春期ニキビは吹き出物とはそのできる原因が違うので、治し方も違ってきます。
思春期ニキビを治すには、思春期ニキビ専用アイテムがオススメですよ。

 

こちらのサイトでは思春期ニキビケアにおすすめできるスキンケアが紹介されていました。
思春期ニキビ肌でも使える洗顔料や化粧品をお探しなら参考になると思います。

高校生の頃から少しづつニキビが出来てきていたのですが、それほど酷すぎる事もなかったので、そんなに気にしていませんでした。

 

でも、高校生のバイトで倉庫の荷物運びのバイトをしたんです、それから一気に顔中にニキビができてしまい、埃だらけの環境がわるかったのか、時期的に出てくる時期がバイトと重なっただけなのかはわかりませんが、外に出るのも嫌になったほど顔中真っ赤でした。

 

直ぐに皮膚科を受診し、顔に塗る透明の液体の中に黄色い粉のような物が入っている薬をもらいましたが、一向に治る気配がなく思春期の時期を嫌な思いで過ごしていました。

 

肌を清潔に保つためにこまめに洗顔し、何度も皮膚科でもらった薬を塗り、宣伝でニキビが治る洗顔料の宣伝をしていれば購入し、色々な物を試してきました。

 

それから1.2年ほどはひどくなったり、少しマシになったりの繰り返しだったんですけど、その後ぐらいから徐々に肌の綺麗な状態が続くといった感じで、一気に治ってしまうということはありませんでした。

 

色々な物を試してきましたが、結局それらの行動が効果を発揮したのかはわからず、時期的に治まってくる時期だったのかもしれません。
今ではニキビができる年齢ではなくなりましたが、ニキビで悩んでいる人の気持ちは本当によくわかります。

続きを読む≫ 2014/01/31 21:11:31

私はもともとそんなにニキビができる体質ではありませんでした。
でも、高校三年生になってから急にニキビが酷くなるようになりました。
原因はおそらく、受験勉強のストレスです。
毎日勉強漬けの日々で、座ってばかりなので運動不足になり
その結果体重増加を気にしてあまりご飯を食べなくなったのと
食べる夜ご飯が予備校で食べられるカップラーメンやおにぎりでした。

 

朝と昼は、母の作った料理でしたが
よるご飯が本当に毎日のようにコンビニやスーパーで買ったもので
それを十分足らずで予備校の食事室で食べる日々が続きました。

 

予備校から帰ってきたら疲れてなにもする気になれず
時には化粧すら落とさずに寝てしまうこともありました。
そんな生活を続けていたため肌がボロボロでした。

 

毎日鏡をみるたびに憂鬱な気持ちになり
これではいけないと、まず洗顔料を変えてみることにしました。
どろあわわという洗顔料がネットでの口コミも良かったので
それでしっかりと洗顔するようにしました。
ネットであわ立てると驚くほどモチモチの泡が出来上がり
毛穴の奥の汚れまで吸着してくれているようでした。

 

食生活にも気を配り、できるだけ野菜を取るように心がけて
気分転換がてらに最寄り駅の一駅手前でおりて家まで歩いたりしました。
一番ニキビに効果的だったのは
モチモチの泡での洗顔でしたが、食生活や運動など
少しづつの積み重ねでニキビを治せたんだと思います。

続きを読む≫ 2014/01/31 21:10:31

学生時代、実家から離れて寮暮らしをしていた頃、急にニキビが出始めました。
それまで実家から出てなかったせいか、まったくなかった事だったので戸惑いました。
原因は、はっきりとした事は分かりませんでした。

 

想像では、ご飯がおいしくないことや、水の変化にあったと思っています。
当時は人間関係は良好で、気楽な学生生活でしたのでストレスはありませんでした。

 

けれど、ニキビだけは嫌で潰せるくらいまで大きくなったら、必ず潰していました。
他人にニキビがある顔を見られるも、指摘されるのも嫌だったからです。
髭を剃る時も潰したり、潰れたりした箇所が血まみれになって悲惨な状態でした。

 

そうなった頃からです。
ニキビが嫌でなるべく早く寝るようになりました。
水も水道水ではなく、ペットボトルの水を飲むようになりました。
そして顔を朝晩2度、洗顔料で洗い、水でなくぬるま湯で洗うようにしました。

 

また、知人から水はカルキ抜きをすると良いと聞いていました。
水に刺激物があるのは良くないからだ、ということでした。
そこで洗面器に水をためて、次の洗顔の時にお湯を足して使うようにしていました。
パックも考えましたが、寮でお風呂が共用だったため、恥ずかしくて断念しました。

 

ここまでやっても少しは出てきましたが、ピークだった頃より随分と良くなりました。
知識も情報も少なかったあの頃にしては、ちょっとだけ効果があったようです。

続きを読む≫ 2014/01/31 21:09:31

学生時代、ニキビに悩んだ経験がある人も多いと思います。
私も学生時代は大学に入ってからニキビに悩まされていました。
特に鼻の頭や横側、鼻の中央など、顔の中心線に沿ってニキビがよく出来ていたのを思い出します。

 

その時にどうやって対処したかというと、とにかく毎日、洗顔をして顔を綺麗にすることが基本でした。
その後、軟膏である「オロナイン軟膏」をニキビの場所に塗っていました。
洗顔をしないと顔の皮脂が溜まり、皮膚の穴に汚れが溜まってしまうので、若いころは代謝能力も高いので、ニキビが出来やすいということを念頭に置き、洗顔・軟膏塗りを常にしていました。

 

あとは難しいんですが、夜更かしはNG。体調もかなり左右します。
体調が悪い時に限ってニキビとかができやすくなるんですよね。

 

さらに、私は男で毎朝、髭剃りを使っていたので、髭剃り後に軟膏を塗っておかないと、髭剃りは父と共用していたので、洗わないで使っていました。するとニキビが出来ることが多かったような気がします。
つまり、髭剃りをする人はその汚れも毛穴に溜まりやすくなるため、髭剃り後の肌ケアをしっかりしておかなくてはなりません。

 

皮脂の汚れが溜まらないようにし、ニキビができそうな感じに赤くなったら、軟膏を塗って夜更かしをせず、肌に優しい生活を送りましょう。

続きを読む≫ 2014/01/31 21:08:31

私がにきびで悩んでいたのは中学生の頃です。
おでことあごにたくさんのにきびができ、赤く目立ってとても恥ずかしかったです。
その当時にきびといったら顔の脂が原因と言われ、とにかく暇さえあれば洗顔していましたが、今思えばそんなことは余計に皮脂の分泌を増やしてしまっていたと思います。
10年以上も前のにきびケア商品は洗顔料やにきびに直接ぬるタイプのものくらいしかなかったし、中学生で知識もなかったので、現在のように自分に合った化粧品でにきびケアというのは難しかったです。
そんな私がにきびの悩みから解放されたのは、ダイエットをしたからです。
当時私は食べ盛りで、毎日すごい量の食事をしていました。
とくに揚げ物や肉が好きだったのであっという間に太ってしまいました。
にきびがひどくなったのも実はこの頃です。
ダイエットを決意して、まずは食事の量を減らしました。
さらに揚げ物をやめて野菜中心のメニューを母にリクエストして作ってもらいました。
そして毎日1時間湯舟に浸かって汗をかく。
運動は、苦手なので決まりは作りませんでした。
でもカロリー制限が良かったためかきちんと効果があり、ダイエットは成功し、さらに脂質が抑えられた結果にきびもなくなりました。
にきびだけのケアよりも生活改善で自分を健康にすることでにきびも改善されると思います。

続きを読む≫ 2014/01/31 21:07:31